« 全国一斉学力テストは教育を駄目にする | トップページ | 谷亮子選手の世界選手権代表はおかしい »

2007年4月 8日 (日)

 選挙にいきましょう

今日は統一地方選です。大分県では現職の広瀬知事に共産党の新人が挑みます。広瀬知事は2期目の選挙で、おそらく当選は確実でしょう。広瀬知事は平松前知事に比べれば遙かにまともな知事だと思いますが、通産省(経産省)の事務次官まで務めた官僚であり、基本的には自民党や大企業の側の人物です。大入島の埋め立て問題やキャノン誘致に巨額な税金を投入するなどの問題が指摘されていますが、おそらく大差で当選でしょう。

東京都で共産党推薦の吉田万三氏の立候補で石原反対派を分裂させるという理由で批判が集まりました。一方、大分県で共産党の候補者が立候補することは、大変重要な事だと思います。もし、共産党が候補者を立てなければ無投票になったでしょう。どんなにすばらしい知事(広瀬知事のことではありません)でも、無投票当選は駄目だと思います。権力は負腐するといいますが、批判勢力があってこそ権力の暴走を止められると思います。確かに東京都では反石原勢力の分裂という事態は避けたかったと思います。しかし、都合の悪いときだけ共産党を批判することには違和感を禁じ得ません。

僕は政党や組合の事には無知ですが、なぜ共産党や社民党が選挙協力できないのか不思議です。大分では参議院選や衆議院選で民主・社民が選挙協力してきました。しかし、僕のような無党派からみれば、社民党と民主党の路線は全くかけ離れていると感じます。どちらかというと社民党と共産党の路線は近いと思います。政権を取る段階ならいざ知らず、両党とも存亡の危機にあるのですから、今までのしがらみを捨てて協力できるところは一緒にやるべきではないでしょうか。

しかし、本当に問題なのは有権者だと思います、昨今の投票率の低さを見ていると、主権者としての自覚にかけるというよりは、奴隷根性だと思います。政治に魅力がないからといって投票に行かなければ、組織力や企業と癒着した政党の思うつぼです。例え自分の投票する候補者が当選する可能性がゼロでも、その一票は死に票ではありません。批判票として政治に影響を与えるし、次につながると思います。あきらめずに選挙に行きましょう。

|

« 全国一斉学力テストは教育を駄目にする | トップページ | 谷亮子選手の世界選手権代表はおかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/6014216

この記事へのトラックバック一覧です:  選挙にいきましょう:

« 全国一斉学力テストは教育を駄目にする | トップページ | 谷亮子選手の世界選手権代表はおかしい »