« 代替エネルギーでも問題は解決しない | トップページ | 農水省関係者よ、まずは親分の不正を何とかしてくれ »

2007年4月17日 (火)

専大北上高校野球部の解散、本当の問題は何か

プロ野球の西武からお金を貰っていた部員がいたことや特待生制度が問題となり専大北上高校の野球部が解散を決めました。特待生制度というのは野球の上手い生徒の入学金や授業料を免除する制度です。特待生制度などどこでもやっていると思うのですが、どうなんでしょうね。朝日新聞は「特待生制度を考えよう」という見出しで社説に取り上げています。

社説は「ドラフト制度をねじ曲げる裏金をプロ球団から貰うのは論外だ。」しかし「特待生制度をすべて悪と決めつけられるだろうか」として、「学校からすれば、勉強やスポーツに秀でた生徒を集めることで独自色を出し、知名度を上げたい。生徒からすれば、勉強の成績や得意な競技で授業料などを免除してもらえれば、家庭の負担が減る。そうしたことを全く否定する事はできまい。」と言います。僕も特待生制度がすべて悪いとは思いません。しかし、今の高校野球は異常だと思います。甲子園に出場することがすべてになっています。それこそ根本の問題ではないでしょうか。

社説ではなぜ高校野球にこんな不祥事(プロ球団からの金銭供与)が起きるのかという根本的な問題が論じられていません。高校野球は甲子園を頂点として高校生のスポーツとしては異常な人気があります。人気があること自体は悪いことではありません。しかし、この異常なフィーバーぶりは、自然の現象ではないと思います。これは朝日新聞やNHKなどのマスコミによって作り上げられた人気という側面が大きいと思います。その結果、子供たちや親や学校も甲子園に出るためなら、何でもありになっています。高校時代からすでにスター選手ができあがっています。生徒も親も学校もスター選手であればプロ球団から金銭供与があっても当然という感覚ではないでしょうか。

問題は朝日新聞やNHKなどの異常な報道にあるのです。地区予選からNHKラジオやテレビで中継したり、新聞も他の高校スポーツに比べはるかに大きな紙面を使って報道する姿勢は改めなくてはなりません。あくまで高校野球も高校生のスポーツの一つなのですから、節度ある報道が必要です。朝日新聞の社説はこのような視点が全くありません。自分たちの責任は棚に上げて、特待生制度に問題をすり替えています。

|

« 代替エネルギーでも問題は解決しない | トップページ | 農水省関係者よ、まずは親分の不正を何とかしてくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/6120352

この記事へのトラックバック一覧です: 専大北上高校野球部の解散、本当の問題は何か:

» 強豪高と呼ばれる高校が特待生を除いて出場したらコールド負けに mixi(ミクシィ)コミュ紹介ブログ [mixi(ミクシィ)コミュ紹介ブログ]
春の高校球界に“異変”が起きた。4日、関東各地で高校野球春季地区大会が行われたが、日本学生野球憲章に違反申告し、特待生をメンバーから外して春季大会に臨んだ強豪校の敗戦が相次いだ。日本高校野球連盟が3日に違反申告校(376校)の最終発表をし、ひと区切りつい...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 22時23分

« 代替エネルギーでも問題は解決しない | トップページ | 農水省関係者よ、まずは親分の不正を何とかしてくれ »