« 国民をだまして教育基本法改正 | トップページ | 改悪教育基本法、それでも諦めない »

2006年12月15日 (金)

朝日新聞の社説は免罪符に過ぎない

 朝日新聞一面のトップ記事は「企業中心一兆円減税」です。教育基本法については一面中段に「抗議の中、参院委可決」になっています。教育基本法についてはこの記事以外には、何もありません。すでに既成事実として教育基本法改正を報じてきていたので、事実を淡々と伝えるのみということでしょうか。今国会で成立する可能性は極めて高いと思いますが、国会外の国民の反対の声をもっと報道すべきです。少なくとも今国会で決めることに反対している国民が大多数なのだから、そして朝日新聞も改正に疑問を呈した社説を掲げていたのだから、反対の大きなうねりを自ら作り出すくらいの気概を持って欲しいです。社説で反対したことは、免罪符としては有効かもしれませんが、メディアとして最低限の義務を果たしたに過ぎません。もっと、頑張って欲しいです。

 今回の税制改正は明らかに企業優先です。しかも、国民に大きな負担を強いる消費税や企業にさらに大きな減税となる法人税引き下げも参議院選挙後とまたしても国民を馬鹿にした安倍政権です。教育基本法や憲法改悪と庶民いじめの税制改悪はまさに表裏一体の関係です。庶民にとって増税は身近で分かりやすい問題です。護憲運動をしている労働組合や市民運動も、増税問題を積極的に訴えて選挙で闘うべきです。

|

« 国民をだまして教育基本法改正 | トップページ | 改悪教育基本法、それでも諦めない »

コメント

かぼちゃさん。この国は、狂っています。腐って、よどんで、息が出来ないほどの悪臭を放っています。敏感な私は、もう、20年も前から、この国になじめず、歯を食いしばって生きてきました。本当に疲れる国です。
 教育基本法改正。こんな重大な事が決められても、「マツサカがどうのこうの」のTV報道ばかり。さすが貧相な人の集団「ニッポン」!
 短く伝えたとしても「59年ぶりの改正です」としか伝えられない報道。その内容は(国粋主義者を育てる目的の基本法に改正したということ)一切伝えない。
 朝日新聞なんて、いつも卑怯! どちらにでも逃げれるように、片足だけ突っ込んで、用意している。
 民主党なんて、反吐が出る。
 この国の人々には、正義も論理も通らない。
 あの人たちには、考える脳みそがない。空洞化しているのか
クソが詰まっているか知らないが、自分で勉強して考える能力のない人間は生きている資格がない。

投稿: ももちゃん | 2006年12月15日 (金) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/4552089

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の社説は免罪符に過ぎない:

« 国民をだまして教育基本法改正 | トップページ | 改悪教育基本法、それでも諦めない »