« 過労死促進法 | トップページ | 改革とは名ばかりの道路特定財源改革 »

2006年12月 5日 (火)

「造反議員」復党問題

 「造反議員」復党問題でマスコミは大騒ぎしていますが、下らないというほかありません。自民党も復党議員ももともと信念など持ち合わせていないことは明らかです。復党議員は腐臭漂う自民党という場所が居心地が良いのです。そして自民党は自分たちの腐った権力を肥大化するために、同類の彼らを必要としたのです。復党議員に1票を投じた有権者にとっては容認できないのではないかと思いますが、実際は後援会などは復党を喜んでいるようです。自民党議員でなければ、地元に利益をもたらすことができないからでしょう。

 ところで、復党問題はどう考えても自民党の内部の問題であり大騒ぎする必要などないのに、連日マスコミで大騒ぎするのは、他に意図があるような気がします。この間、教育基本法改正案が衆議院で強行採決され、参議院で審議が始まりました。さらに防衛庁の防衛省昇格も決まりそうです。これほど重要な問題が1政党の内部問題によって片隅に押しやられていると思います。またまた、政府とマスコミの世論操作ではないかと疑っています。復党問題で内閣支持率が落ちたと報道されていますが、今の時期内閣支持率が多少落ちても、痛くも痒くもないはずです。それより来年の参議院選挙前に教育基本法改正などが国民的議論となって、大問題になることのほうが恐いはずです。時間をかければ、教育基本法改悪の問題点が国民に知れ渡ることを恐れていると思います。

 さらに、福島県や和歌山県そして宮崎県知事の談合問題も、僕は疑っています。もちろん、談合事件を起こした知事たちは厳しく罰せられるべきですが、今の時期に何故次々と出てくるのか、不思議な気がします。

 考えすぎかもしれませんが・・・。

|

« 過労死促進法 | トップページ | 改革とは名ばかりの道路特定財源改革 »

コメント

 まったくかぼちゃさんの言われるとおりだと思います。
その上、こんな時、面白おかしく利用されるのは「女」です。
それに気づかない、世の「バカ女」。話もしたくない。
 ところで、この場を借りて「たっちゃん」さんへ。石原慎太郎がまた、都知事に出馬するそうですね。子供の旅費まで使い込んで居直る人が。また、再びこのどうしようもない貧相な人を東京都の人たちは選ぶのでしょうね。そうなったら、心底軽蔑します。が、日本中がそんな人たちばかりだから、しかたがないのでしょうか。どうか、もう、あの恥知らずな人間を都知事なんかにしないでください。

投稿: ももちゃん | 2006年12月 7日 (木) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/4437045

この記事へのトラックバック一覧です: 「造反議員」復党問題:

» 聖書の暗号と中東問題 [聖書 暗号 2006 the bible code【聖書の暗号が示す2006年とは】]
核問題で現状不安定なのはイラン。イスラエルは相変わらずのパレスチナとの諍(いさか)いである。 イスラエルとパレスチナの問題は分かっているようで・・・・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 21時32分

« 過労死促進法 | トップページ | 改革とは名ばかりの道路特定財源改革 »