« 「人らしく」生きたいよね | トップページ | 教育基本法を改悪する目的 »

2006年10月26日 (木)

下村官房副長官の発言

  確かに安倍総理の発言は就任前に比べると軌道修正され、国民も何となく安心感を抱いているようです。しかし、安倍総理は憲法や教育基本法の「改正」を最優先に考えており、そのための軌道修正だと思います。歴史認識等で極論を封印し、超タカ派の顔を隠しながら意識的に大衆受けする発言をして、教育基本法や憲法を改悪するのが目的だと思います。

 安倍総理は河野談話を踏襲すると発言しましたが、下村官房副長官が従軍慰安婦に関する河野談話を見直したほうがよいのではないかという発言をしました。下村官房副長官は安倍総理の側近の1人で、官房副長官という要職に抜擢されました。歴史認識についてかなり軌道修正した安倍総理ですが、側近の官僚からこのような発言があることで、メッキが少しづつはがれてくると思います。

 安倍政権の天王山は来年の参議院選です。ここで勝てば日本は憲法改悪、さらに徴兵制へと進む可能性があると思います。安倍政権が来年の参議院選まで国民の高い支持率を保ち続けることができるかどうかです。中川政調会長や下村官房副長官などの発言は、個人的な見解などという軽いものではないことは明らかです。しかし、マスメディアが相変わらず権力を擁護する状況では、安倍政権の本質を国民が知り得るのかどうか心配です。

|

« 「人らしく」生きたいよね | トップページ | 教育基本法を改悪する目的 »

コメント

 下村さん、「個人的見解」を国民の前で言いたいのなら、せめて官房副長官という要職を脱ぎ捨ててから、堂々と言いなさいよ。その鎧を着たままで、あなたに「個人」はないの!。万が一「個人」の戯言なら、マスコミは、一々それを報道するな!報道するなら、「公人が」、「個人」という卑怯なカモフラージュを使って語った、自分の見解に「責任」を持たなくていいのか!と追求しろ!。
 そして国民は、、国民は、、、これをしっかり見据えて、、、だめだ・・・。この国の人はずーと前から何も見ていない。「北朝鮮」という発音が耳に入らなければ振り向かない。

投稿: ももちゃん | 2006年10月27日 (金) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/3963624

この記事へのトラックバック一覧です: 下村官房副長官の発言:

» 9条維持派は、カップラーメンも食べられない〜憲法改正国民投票法案の問題性 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
憲法改正国民投票法案が、政党に所属する国会議員の数に比例して、それぞれの改憲案に関する意見について、テレビラジオ無料放送の放送時間や新聞無料広告のスペースを割り当てることになっているという問題点(この問題をはじめて見る方はここ←ご参照ください)について、分かりやすい例を小耳に挟んだので紹介します。 例えば、改憲案について60分の広報放送をするとしましょう。現在、明確に9条維持を明らかにしている政党(社民・共産)は衆参合計し... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 08時26分

« 「人らしく」生きたいよね | トップページ | 教育基本法を改悪する目的 »