« 安倍さん、アメリカと一緒に戦争したいのですか | トップページ | 田舎暮らしその1 »

2006年9月 8日 (金)

安倍さんの言う歴史家とは誰のことですか?

安倍官房長官は歴史認識に対する問いに対して以下のように答えました。

安倍晋三官房長官は7日午後の記者会見で、首相に就任した場合の歴史認識問題への対応に関し、日本の「植民地支配と侵略」などに言及した1995年の村山富市首相談話について「(歴史の評価は)基本的に歴史家に任せていくべきだと思うが、(同談話を)閣議決定で変えないという中で基本的な精神を引き継いでいく」との考えを強調した。(共同通信)

相変わらず、歯切れの悪いコメントです。それもそのはず、安倍官房長官は1995年「村山談話」をベースにした国会決議を欠席しました。今でも、「植民地支配と侵略」という言葉に強い抵抗感があるのでしょう。それにしても、「(歴史の評価は)基本的に歴史家に任せていくべき」という発言にはびっくりしました。自他共に認める歴史家は数え切れないほどいます。そして、歴史認識に関しては十人十色、先の戦争を侵略戦争だったという人もいれば、アジア開放のための戦争だったと言う人もいます。戦後50年に国会決議された「村山談話」はそれらの議論を踏まえ、国の内外に日本として先の戦争をどのように認識するかを示した、いわばわが国の戦後の出発点になる重要な基本姿勢です。歴史の評価を歴史家に任せるなんて、実際無理なことです。おそらく、安倍さんは、自分の考え方に近い歴史家の認識がイメージにあるのでしょう。

安倍さんは先の戦争を侵略戦争とは認めていません。むしろアジア開放の戦争だったと考えているようです。したがって、靖国問題でも歴史認識問題でも曖昧なことしか言えないのです。しかし、いったん総理大臣の権力を手に入れれば、メッキがはがれ(酷いメッキで地金が丸見えですが・・)本音が出てくるでしょう。その時、アジア外交は破綻してしまうと思います。アジア外交だけではありません。世界中の信用をなくすことになるでしょう。安倍さんはアメリカさえ味方につけていれば何とかなると高をくくっていると思います。しかし、アメリカは自国のことしか考えていません。アメリカ自身が世界から孤立しつつあるときに、アメリカと仲良くしていれば、何とかなると言う考え方は非常に危険だと思います。

|

« 安倍さん、アメリカと一緒に戦争したいのですか | トップページ | 田舎暮らしその1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/3362448

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍さんの言う歴史家とは誰のことですか?:

« 安倍さん、アメリカと一緒に戦争したいのですか | トップページ | 田舎暮らしその1 »