« 秋篠宮家の男児誕生、マスコミは騒ぎすぎ | トップページ | オーム真理教と天皇制 »

2006年9月14日 (木)

教育基本法改悪を止めよう

 自民党総裁選は安倍官房長官がほぼ決まりのようです。安倍氏の公約は「憲法・教育基本法改正」です。まずは秋の臨時国会で教育基本法の改悪を行うことを明言しています。国民の多くが教育基本法の内容を知らないと思います。だから、基本法が変わっても、子どもたちに大きな影響はないと思っているのではないでしょうか。それは大間違いです。教育基本法が変われば、教育現場は大きく変わります。現在の教育基本法は子どもたちの人権や個人の尊厳を大切にするという精神が盛り込まれています。実際はその精神がないがしろにされ、子どもたちの尊厳や人権が犯されていることが問題です。さらに教育基本法を改悪して、その精神を捨ててしまえば教育は死んでしまいます。安倍官房長官は子どもの凶悪犯罪等の問題などについて、教育改革の必要性を強調し「教育基本法改正」に言及しますが、本末転倒といわざるを得ません。

 すでに、安倍官房長官は教育改革について具体的に言及しています。教員の資格を定期的に見直す、志望者の多い学校に重点的に予算を配分する。逆に志望者の少ない学校は切り捨てるなどです。これが改革と言えるでしょうか。ますます、格差を広げ「落ちこぼれ」を増加させるだけです。教育基本法の改悪は学校だけにとどまりません。社会全体が個人の尊厳や自由、人権を制限する方向に走ることになります。安倍氏は再チャレンジなどと耳障りのよいことを言っていますが、やっていることは格差の拡大です。

 安倍氏は非常に偏った考え方を持っていると思います。とても、一国の指導者になる器ではありません。しかし、現状では彼が総理になることは間違いないと思います。彼等(安倍氏の周りをうろつく馬鹿な議員も含めて)が日本を間違った方向に導かないように、まずは秋の臨時国会の教育基本法改悪を阻止することが必要です。

|

« 秋篠宮家の男児誕生、マスコミは騒ぎすぎ | トップページ | オーム真理教と天皇制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/3442010

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法改悪を止めよう:

« 秋篠宮家の男児誕生、マスコミは騒ぎすぎ | トップページ | オーム真理教と天皇制 »