« NHKスペシャル「格差と戦うブラジル」 | トップページ | 麻生氏の「靖国改革」は危険 »

2006年8月 6日 (日)

靖国問題を総裁選の争点に

 小泉首相や安倍官房長官、武部幹事長は靖国問題を自民党の総裁選の争点にすべきではないという考えのようですが、僕は争点にすべきと思います。すでに外交問題の最大の懸案になっているのですから、自民党だけの問題ではありません。小泉首相は個人の問題だと言いますが、現実として首脳会談もできない状況を作っているのですから、国民に対して納得いく説明をすべきです。しかし、任期切れの小泉総理に期待することは現実的ではありません。だからこそ、今回の総裁選で争点にしておおいに議論すべきです。日本は中国や韓国と良好な関係を保持することは、最も大事な外交政策だと思います。それに対して自分は悪くない、相手国が間違っていると言うのなら、相手を説得するのは総理大臣であるあなたの仕事でしょうと言いたいのです。

 2度と戦争をしないために靖国神社に参拝するということが小泉首相の本音だとしても、総理大臣としては相手国を説得する義務があると思います。結局、小泉首相はそのような公的立場も自覚しないで、5年間も日本の指導者として外交を滅茶苦茶に壊してしまったのです。 すでに小泉首相の靖国参拝に関する発言は破綻しています。個人としての小泉純一郎の発言を繰り返し、一億国民のことは眼中にないと思います。残念ながら安倍官房長官も同じのようです。

 

|

« NHKスペシャル「格差と戦うブラジル」 | トップページ | 麻生氏の「靖国改革」は危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/2957363

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国問題を総裁選の争点に:

» 安倍晋三の靖国参拝またはギュンター・グラスのナチス所属 [花・髪切と思考の浮游空間]
そもそも安倍晋三と比較されることに、ギュンター・グラスから異論がでるだろう。あまりにも格がちがいすぎる。   そんな批判を横において、安倍晋三とギュンターグラスの接続を試みる。 試みるのは、安倍晋三の4月靖国参拝とグラスのナチ武装親衛隊所属の問題である。正確にいえば、それぞれの対応のちがいを比べてみたい。 ギュンター・グラスはいうまでもなくドイツのノーベル賞作家。その彼が第2次大戦時、ナチスの�... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 19時47分

« NHKスペシャル「格差と戦うブラジル」 | トップページ | 麻生氏の「靖国改革」は危険 »