« 靖国問題を総裁選の争点に | トップページ | 日本が「テロ」の対象になる日 »

2006年8月 8日 (火)

麻生氏の「靖国改革」は危険

靖国神社の問題に関する安倍、谷垣、麻生氏の発言が注目されています。今日は朝日新聞に麻生氏の「非宗教法人化こそ解決の道」が掲載されました。まず思ったのは、宗教法人に対して閣僚が非宗教法人化を促すことへの違和感です。閣僚といえば権力の中枢であり、そのような発言が権力の乱用になるのではないかという疑問です。

 麻生氏は個人としての発言であり、外務大臣としての発言ではないと言うことを明言していたと思います。しかし、外務大臣としての麻生氏と個人としての麻生氏の区別は分かりにくい。一議員の発言ならマスコミもこれほど大きく取り上げることはないでしょう。これは小泉首相の靖国参拝とも共通します。小泉首相が個人的な行為だと言っても、社会は「小泉首相」の靖国参拝としてとらえています。総理大臣とか外務大臣というのは、一般人とは違う公人なのです。都合の悪いときだけ私人であると強弁することは、許されません。特に靖国問題は国の内外で大きな議論になっている重要な政治課題です。

 ところで、麻生氏の「国立追悼施設靖国社(招魂社)」というのは、大変な問題ですね。戦前は靖国神社というのは国が管理していたのではないですか。麻生氏は合祀の是非は国会で決めるといっていますが、これって昔の靖国神社と何ら変わりないのではないでしょうか。違うとすれば、昔は天皇のために戦死したか否かだったのに対して、今回は国家が合祀の是非を決めるということです。

 僕は靖国神社に反対ですが、麻生氏がいう国が管理する慰霊施設をつくる事にも反対の立場です。間違った戦争のために犠牲になったのが、靖国神社に合祀されている「英霊」です。ならば、まずやるべき事は、国による何故戦争が起きたのかということの検証です。そして戦争責任を徹底的に追及し、内外を問わず謝罪と補償をできる限り行うことです。それこそ、2度と戦争をしないということではないでしょうか。そのようなことに手をつけず、2度と戦争を起こさないために靖国参拝をするという小泉首相の発言は欺瞞です。戦争責任の問題をなおざりにして、ただ慰霊すればよいというのは、結局過去の戦争を正当化し再び国民を戦争へと駆り立てる意図が感じられます。

 

|

« 靖国問題を総裁選の争点に | トップページ | 日本が「テロ」の対象になる日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/2985694

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生氏の「靖国改革」は危険:

» 【私情、公約】総理大臣の靖国神社参拝【実質損益】 [放置プレイブログ]
コイズミさんは靖国参拝を公約にしていて、今年の15日も参拝をする方向で話が進んでいるけれど、皆さんは靖国参拝についてどう思いますか? うちの祖母に、靖国参拝について聞いてみた。 祖母の答えは、こうだった。 『国の命令で戦争に行かされて、命を落とした人が祭ら..... [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 22時32分

« 靖国問題を総裁選の争点に | トップページ | 日本が「テロ」の対象になる日 »