« ホテル・ルワンダ | トップページ | 権力に寄り添う最高裁判所 »

2006年6月27日 (火)

だから百姓はやめられない

 昨日までの大雨も上がり、今日は朝から晴れ間の見える天気でした。午前中は風もさわやかで、久しぶりに太陽の光が心地よいと感じました。午後はうす曇でムッとするような湿気の多い天気でした。明後日からまた雨が降るという天気予報を聞いて、3時ごろからジャガイモを掘りに畑に行きました。今年は2回も霜にあたったので、ところどころ歯抜け状態で、収穫量は期待できません。5Kの「キタアカリ」の種いもをうえつけました。例年ならコンテナ2杯くらいの収穫があるのですが、今日はコンテナ1杯でした。それでも、夫婦2人には十分すぎる収穫です。収穫中、体中から汗が滴り落ちるほど暑かったです。僕はサウナでも汗がほとんど出ないのですが、今日のような蒸し暑い日に農作業をすると、信じられないような汗が出ます。

 家に帰って風呂に入り、その後は当然冷たいビールです。百姓の楽しみはこれに尽きます。もちろん、今日収穫したジャガイモの煮つけがビールの肴です。妻とこれだから百姓はやめられないと二人で納得しながら、ホクホクのキタアカリに大満足です。いつもは小泉や安倍の悪口が酒の肴ですが、今日は彼らのことは話題にもなりませんでした。 

|

« ホテル・ルワンダ | トップページ | 権力に寄り添う最高裁判所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/2403300

この記事へのトラックバック一覧です: だから百姓はやめられない:

« ホテル・ルワンダ | トップページ | 権力に寄り添う最高裁判所 »