« 国会中継を見て思ったこと | トップページ | 愛国心教育に反対します »

2006年6月 8日 (木)

恵みの雨

今日は昼から雨でした。これでようやく田植えができそうです。この4~5日、近所では水の奪い合いが始まっていましたので、今日の雨は文字通り天の恵みです。水の奪い合いといっても、いつも騒ぐのは決まった人です。僕も田を作り始めたころは、水が足りなくてイライラしていました。しかし、最近はなるようにしかならないと思うようにしました。稲というのは本当に丈夫でたくましい植物で、少々のことでは枯れません。むしろ、収量を多くするために肥料などを必要以上にやると、病気がでたり虫にやられたりします。太りすぎが病気のもとになるのと同じ理屈です。

 水の豊富なところは別として、水の足りないところは梅雨入り後に田植えをすれば、そんなに騒がなくてもよいのですが、最近は年々田植えが早くなって、入梅前に行う農家が増えてきました。農家は周りが田植えを始めると、自分も負けてはならないと田植えを始めます。日本人の民族性でしょうか。最近は兼業農家が多いので、早めに田植えを済ませたいのかもしれません。

 

|

« 国会中継を見て思ったこと | トップページ | 愛国心教育に反対します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/2128447

この記事へのトラックバック一覧です: 恵みの雨:

« 国会中継を見て思ったこと | トップページ | 愛国心教育に反対します »