« 百姓を始めたころの思いを大事にしたい | トップページ | 恵みの雨 »

2006年6月 7日 (水)

国会中継を見て思ったこと

 たまたま、テレビをつけると参議院の予算委員会で社民党の又市議員が「規制緩和の結果、コンビニでも医薬品が買えるようになった」という小泉首相の発言は、間違いなので訂正して欲しいと求めていました。

 それに対する小泉首相の答弁は、「間違った発言はしていない。一部の副作用の少ないかぜ薬などはコンビニでも売られている」と反論しました。この発言は、いうまでもなく間違いです。それにもかかわらず、小泉首相は訂正や謝罪もしませんでした。国会の場で堂々と間違った発言をして、それが咎められもしない今の政治状況は異常といわざるを得ません。 小泉首相はいよいよ裸の王様になったみたいです。言い換えれば、末期的症状を呈してきたということでしょう。

 今日の小泉首相の答弁を聞いていると、小泉首相は本当に無知だったのだと思いました。おそらく歴代首相の中でも、最も馬鹿な首相だったと確信しました。こんな最低の首相の後はもう少しまともな首相が出てくると思いたいのですが、残念ながら今、ポスト小泉の最有力といわれている安倍晋三は小泉と同等もしくはもっと酷いと、僕は思っています。皆さんはどう思いますか?

 

|

« 百姓を始めたころの思いを大事にしたい | トップページ | 恵みの雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/2115938

この記事へのトラックバック一覧です: 国会中継を見て思ったこと:

« 百姓を始めたころの思いを大事にしたい | トップページ | 恵みの雨 »