« 朝日新聞「愛国心」アンケートについて | トップページ | 廃案とまでは行かなくとも、継続審議には持ち込める。 »

2006年5月24日 (水)

住みにくい社会

 交差点で車のスタートが遅れた時、後ろの車からクラクションを鳴らされることがあります。信号が変わったことに気がつかなければ仕方ないのですが、一瞬の遅れにもクラクションを鳴らす人がいます。気分が悪いですよね。何をあんなにいらだっているのでしょう。それから、最近経験したことですが、僕は土足禁止のところを知らずに土足で上がってしまいまいました。横にいた中年の婦人から「そこは土足禁止よ」と注意されました。僕はすみませんと謝って、スリッパに履き替えました。これまでなら何と言うことはないことです。ところがその婦人は、ぼくに土足禁止の字が見えないのかと厳しく問い詰めました。もちろん気がついていれば土足で上がることはありません。小さな失敗を容認できない社会は住みにくい社会です。

 

 

|

« 朝日新聞「愛国心」アンケートについて | トップページ | 廃案とまでは行かなくとも、継続審議には持ち込める。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/1925877

この記事へのトラックバック一覧です: 住みにくい社会:

« 朝日新聞「愛国心」アンケートについて | トップページ | 廃案とまでは行かなくとも、継続審議には持ち込める。 »