« ワールドカップも興味がありますが・・・。 | トップページ | 朝日新聞「愛国心」アンケートについて »

2006年5月22日 (月)

にがい涙の大地から

 昨日、海南友子監督のドキュメンタリー映画「にがい涙の大地から」の上映会を行いました。この映画は、旧日本軍が敗戦時に中国に遺棄した化学兵器による被害のドキュメンタリーです。日本の中国侵略による犠牲者は1000万人に上ると言われています。その上に、日本軍の遺棄した化学兵器で多くの中国人が今も命を落とし、後遺症に苦しめられています。被害者に対しては未だに補償もなく、多くの被害者の家族が経済的にもどん底の暮らしを強いられています。日本政府を相手に裁判を起こし、一審では勝訴しましたが、日本政府がすぐに控訴したためにまだ裁判は続いています。

1931年から中国東北部を侵略した日本は「満州」という傀儡国家を作り、敗戦まで武装占拠した。この間に1000万人の中国人が殺されたといわれている。日本は戦争を有利に進めるために国際条約で禁止されていた化学兵器(毒ガス)を秘密裏に製造し、使用した。敗戦時、秘密の発覚を恐れた日本は組織的にそれらを遺棄。現在も40万発(内閣府発表)以上の化学兵器が眠っている。砲弾については数え切れない。(「にがい涙の大地から」パンフレットより)

 身体的にも経済的にも苦しむ被害者に対して、日本政府は非情にも控訴をしました。この映画を観た女性は、帰り際に「ますます日本が嫌いになりそう」と言いました。今、国会で教育基本法の「改正」が審議されています。与党案は「わが国の郷土と国を愛する」という文言が入っています。愛国心を強制したい政府の気持ちがよく分かります。このままでは、国民はますます日本が嫌いになるでしょう。

 

|

« ワールドカップも興味がありますが・・・。 | トップページ | 朝日新聞「愛国心」アンケートについて »

コメント

こんにちは。化学兵器CAREみらい基金と申します。

海南監督の「にがい涙の大地から」に登場した被害者の方たちへの医療支援を少しずつ始めています。
基金立ち上げの際は海南監督もかなり奔走してくださいました。

まだ会員が少なく、意味のある医療支援を継続するには、これから というところです。
ぜひ、私どものブログものぞいてみてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ところで、「にがい涙の大地から」上映会の際には、海南監督からの依頼か何かで、化学兵器CAREみらい基金の4つ折リーフレットは配布されましたでしょうか?
もし、配布されていなければ、ご迷惑でなければ、上映会主催者の皆様に基金のご紹介をさせていただきたいのですが、可能でしょうか?
お時間のあるときで結構ですので、この件、メールいただけると大変うれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 化学兵器CAREみらい基金 | 2006年8月17日 (木) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80667/1889624

この記事へのトラックバック一覧です: にがい涙の大地から:

» サポーター募集中! [化学兵器CAREみらい基金ブログ]
毎月少しずつ無理のない金額で、継続的にCARE未来基金とその活動を支えてくださる会員を随時募集しています。 マンスリサポーター・チチハルエイドといったコースがあります。 また年度会員も受け付けております。 お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはメールまたはFAXでお願いいたします。 MAIL info@care-mirai.net FAX  03-3498-2260... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 15時39分

» Off for phentermine online free fedex low cost. [Phentermine pill online d.]
Adipexdrug addiction order phentermine online. Cheap phentermine online. Online phentermine. [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 17時13分

« ワールドカップも興味がありますが・・・。 | トップページ | 朝日新聞「愛国心」アンケートについて »